地盤改良

地震のために

建築物のリフォームには、外構や、壁面、及び屋根といった外観をイメージされますが、その他にも、重要なものがあります。それは、建築物を築造している支持地盤です。わが国は、地震大国にありますので、砂質地盤にあって、地下水位が高い場合は、液状化判定によって、液状化が発生する可能性の高い地盤にあると判断される場合があります。特に、都市が河川沿いを中心として形成されていますが、河川沿いは、氾濫原などに代表されるように沖積層上に、多くの建築物が築造されています。そのような液状化の発生が危惧されるような地盤に対しては、地盤改良による基礎地盤の補強も、重要なリフォーム工事に位置づけられます。ただ、市街地における地盤改良工事における薬液注入工事は、昭和49年に発生した薬害事故を踏まえまして、井戸水を利用している人たちへの配慮を必要としていますので、その適用については、十分な検討が不可欠となります。

近いうちに発生すると言われる東海・東南海・南海地震に対する備えを必要としていますので、これらの南海トラフに起因する地震被害が危惧される沿岸部に位置している建築物には、特にリフォーム工事と位置づけた地盤改良を必要としていると思う人も少なくありません。その地盤改良工事も、これまでのセメント中心の固化材から、溶液タイプの恒久グラウトの開発も進められています。また、粉塵対策が施された固化材や、セメントと反応すると言われる六価クロム溶出に対する固化材といった環境面にも配慮した地盤改良技術も、目を見張るものがあります。このような地盤改良技術の進歩によって、環境面にも配慮したうえで、液状化防止を可能とした耐震性能の向上につながることが、今後も期待されます。

注目の記事

地盤調査の注意点

住宅を建築する上で必ず必要となるもの、それが地盤調査です。地盤調査は基本的に建築会社とは異なる専門外舎が行なうものです。地盤調査のノウハウや調査におけるセカンドオピニオンについて説明していきます。

Read More

弱くなった地盤は家を支える力ももちません。地盤改良ではセメントを注入することなどが行われ、そうすれば沈下を防げます。

メリットと依頼

井戸を活用するにあたり、メリットは多くあります。地下水を利用するので水道代は掛かりません。また災害時でも水を使うことが出来ます。井戸掘りをお子のう祭には業者に依頼して行いましょう。

Read More

価値をあげる

温泉開発とは地面を掘り進む事で、地下にある温水がある場所まで掘り進めるというものです。最近は温泉開発も人気があります。なぜなら、開発が出来れば、施設として価値のある施設になるからです。

Read More